あかつき学園

施設紹介

施設概要

施設名称 障害者支援施設 あかつき学園
施設長 志賀 広子
住所 〒859-2605
長崎県南島原市加津佐町乙933-1
TEL 0957-87-5165
FAX 0957-87-5189
開設 昭和57年3月31日
敷地面積 男子棟 1334.07m²
女子棟 472.83m²
建物面積 男子棟 747.23m²
女子棟 279.06m²
入所人員 施設入所40名、短期入所3名(児童短期含む)
職員数 25名 管理者1名、副施設長1名、サービス管理責任者1名、生活支援員9名、就労支援員1名、職業指導員3名、看護師1名、栄養士1名、調理員5名、事務員2名
苦情解決
相談窓口
当施設
相談窓口
責任者 志賀 広子
受付担当者 志賀 大輔・宇野 秀臣
受付時間 10:00~16:00
法人
相談窓口
責任者 志賀 稔
第三者委員 辻 幸作・戸北 長政
受付時間 10:00~16:00
  • 基本方針

    施設入所支援又は、生活介護、就労継続B型支援、就労移行支援の対象者に対し、日中活動とあわせ、夜間等における入浴、排泄又は食事介護等、障害者施設における必要なサービスの提供を行う。

  • 支援目標

    一、働く事を通じて生命の大切さを育成
    一、働く事に感謝する心の育成
    一、働く事を通じて協力する力、思いやりの心の育成

支援内容紹介

  • 居住支援

    ・訓練
    (日常生活訓練・社会適応訓練)
    ・排泄
    ・介護
    ・健康管理
    ・相談
    ・援助

  • 日中活動

    ・生産活動
    → 生活介護(室内・手袋)
    → 就労移行支援(水産・実習・被服)
    → 就労継続B型(水産・被服)
    ・創作的活動

  • 買い物支援

    土曜日・日曜日を利用し、社会適応訓練として、職員の引率のもと日用品等の購入の支援を行います。作業の合間の良い気分転換となり、たくさんの利用者の方が楽しみにされています。

  • 栄養管理

    献立は手作りをモットーに、四季折々の行事食を取り入れています。
    また、個々の嗜好を生かしたメニュー作りを工夫しています。
    さらに、朝食には簡単なバイキングを取り入れ、自由に食事も楽しめます。
    栄養面については、毎月の体重測定や定期検査などをもとに医療機関や看護師と連携をはかり、個々に応じた特別食の提供を行っています。

  • 健康管理

    日常生活上必要なバイタルチェックや投薬、その他の管理、記録を行います。また、各医療機関と連携し、看護師が中心となり利用者の健康保持のための支援を行います。

    [ 定期検査 ]
    血液検査(年2回)、胸部レントゲン(年1回)

    [ 定期検診 ]
    内科検診(年2回)、婦人科検診(年1回)、歯科検診(年1回)、精神科検診(年2回 )があります。
    様々な検査・検診後には、結果を本人に説明します。
    必要に応じて再受診を行い、疾病の早期発見・治療に努めます。
    また、必要な方には、朝・夕の血圧測定を行います。

  • 地域との交流

    八幡会は、年齢や障害の枠を超え、様々な行事を通して地域の方々との交流を深めています。
    毎年八月に雲仙・小浜ライオンズクラブとの交流として「夏祭り」、秋には加津佐町の野田小学校の生徒、保護者、地域の人達との交流として、普賢岳に挑戦する「鍛錬遠足」などに取り組んでいます。

▲ TOPへ戻る